一般社団法人化に寄せて~Talk Treeさんとのかかわりを持つのはなぜ?~

最近は改めて企業の理念やビジョンについての共有をすること、意味を考えることが見直されているようです。働き方改革の影響、働き方が多様になっていることへの許容度が高まっていることの影響、などがあって、一堂に顔を突き合わせて話をすることが必ずしも必要になっているとは言えないようです。

むしろ、なかなか物理的に顔を突き合わせて話をする環境がつくれないからこそ、企業や組織の理念、ビジョンの共有が必要になるというわけです。理念やビジョンに共感しているからこそ、仕事に対して前向きに取り組めるわけでしょうし、そのことを、物理的に離れていてもお互いに共有し合っている状況をつくりたいということでしょうね。こうしたビジョン、理念の共有ができているからこそ、なぜその仕事、その業務を行っているかに立ち返ることができている。ということでしょう。

では、それをどのようにして行うか。社長がトップダウンで、あるいは、創業者のような方がトップダウンで話をしても、なかなか最近はその意図が伝わらない。働き方についての価値観が異なっている、あるいは、お互いの世代の考え方が異なっている、そうなると、一方通行的なものではなかなか真の意味で「共有」された状態にはならないでしょう。一方通行的に押しつけが強くなると、それはある意味マインドコントロールに近い状況にもなります。また、その状況下では、他の従業員の方々がどこまで共感、共有できたか、わかりにくいというものです。

双方向で何か型枠のようなものを見せて、それで考えるきっかけをつくっていく。お互いに話をしながら、コミュニケーションの場面をつくりながら、何かをつくりあげていく。まさしくワークショップという一つの手段で、これをやっていくことがベストな状況もあるというものです。

一般社団法人Talk Treeさん。かつてはワークショップデザイナー、コミュニケーションデザイナーの加藤未礼さんが立ち上げた団体。それが一般社団法人化して社会的に一つの役割を担う存在であることがはっきりと示されたということでしょうか。私も、その立ち上げのパーティーに参加し、パートナー契約を結ばせていただき、関わる事になりました。過去のブログ記事でも、「Talk Tree Workshop®」については再三取り上げてます。私も、自分でワークショップをサポートいただきながら組み立てることができました。

このワークショップは、自分自身のビジョンだけでなく、組織や団体のビジョンや理念をつくることや、それらを見直すことには有効であるととらえています。世の中、社会に対して何かを提供している方々にとっては、その意義を捉えなおし、そして、組織のあり方や方向性を考え直すいいチャンスになると私は確信しました。心の中に眠っている様々な想いが木を通して、自然の姿を通して顕になる。こうしたことが実現できることが、いろんな価値観が多様化していきづらくなってきている世の中でも、希望の光を見出して、自分が自分ですと、自分らしくいられる。こうしたことを、一般社団法人Talk Treeさんが後押ししてくれる。であれば、私もその一翼を担いたいなって思いました。

様々な組織、コミュニティに求められるビジョンや理念の共有などを通して、どんな価値観をもっていても、自分らしさを感じて存在意義を見出せる世の中に。組織やコミュニティ、そして人にも無限の可能性があると思っている私には合致して共感できる。そんな気持ちを一般社団法人Talk Treeさんには感じています。

「富士みらいクリエイション」は、こうしたお考えに共感できる組織の方々とはつながっていきますので、よろしくお願いいたします!!

書きたい事は改めて

11月が終わりますね。

22時まで夜間営業講座の講師と懇親会参加。明日は5時半起きで房総半島へ向かいます。

書きたいことがあふれてますが、改めて落ち着いてゆっくり書きたいです。

ついでに言うと、富士山をゆっくりと愛でてみたい!

ではまた明日!

今年2月に撮った富士山です!

ミドルマネジャーをまず育成する仕組みを!

私は人材育成に関するコンサルティングの仕事をしています。様々な業界で、とりわけ、事務や営業の仕事をしている方々の育成に携わる方々に対してお話をさせていただくことが多いのです。

その時によく申し上げるのは、組織の要はマネジャーであるということです。特に今は実務と育成両方をこなしていく役割を担うケースが多いんですよね。負担はかかりますが、組織の要として、組織の成長を担う人材であることにかわりはないんです。どういった方々を育成するのが優先か、と尋ねられたら、マネジャー、特にミドルマネジャーを挙げます。経営を担う予備群でもあるし、できると思われているから期待もある。だからミドルマネジャーなんです。

難しい役割、立ち位置でもあるため、簡単に育成できるかというと、必ずしもそうとは限らない。だからこそ、ミドルマネジャーの育成は課題になるわけですよね。これからのみらいを担う人材は、ミドルマネジャーが該当するケースが多いと思いますね。

人を減らすような業務であっても、その業務を取り仕切り、育成まで関わる方は不可欠です。ミドルマネジャーは、働き方改革や自動化の波が押し寄せる社会に変わっていくとしても、なくならない職務でしょう。是非とも、ミドルマネジャーを育成する仕組みをこれからもみらいを創っていく方々とともに取り組み続けたいですね。

新宿の副都心にも、たくさんのミドルマネジャーが戦い続けていることと思います。彼らを育成し、成果を出し続けるようなことを、お手伝い出来ればと思い続けていきながら、新たなプログラム開発にも取り組んでいきます。みらいを創り出すために!

私の夢の一つ~出版~

ブログを連続更新し続けて約8か月経過しました。毎日更新を掲げてこうして続けられているのは、自分の成長を感じております。

それだけではないのです。周りに自分の一つの夢を実現できるだけのチャンスが転がり始めていることがわかったからですね。

私は、以前も書いたかもしれませんが、出版をしたい。本を書きたいと思っております。そんな話を書いたときに、ペーパーバックの話を聴いたり、あるいは、今日は同じようにOD(オンデマンド)出版の話があり・・・正直お金もあまりないので、大金をかけてまでの出版は今は難しいので、OD出版であればいけるかなって思っています。

あとは、企画ですよね。これも多分体系立てていけば、ということになりそうですが、私の中では、下記のようなテーマで考えてみれるかなと。思いつきです。

「正しいやり方を身につければ臆病者でも営業がうまくいく」「無形商材の営業で成果を上げるためには」「企業研修について、営業と講師両方の視点でのポイント」「研修を内製化するためのポイント「講師やプレゼンターの良しあし」

勝手にいろいろと書いてみたんですが、こうしたもので何か書いてみたいなって思いました。企画をさらに突き詰めて考えてみると面白そうですね。

出版は、なかなかできるものではないですよね。商業出版であれば10万字、OD出版であれば5万字~6万字だそうですね。こうした文字数を起承転結で書けるかどうか。文字数を書いたことはないので、どのくらいの大変さかは正直わかりません。せいぜい2000文字くらいのレポートやメルマガ原稿であれば百本近く書いた実績はありますが・・・自分の主張や客観的なデータなども総動員して書いていくとなると、やはり容易じゃない。どこかに引きこもって書くくらいのつもりでやりたいですね。

どなたか、出版についてチャレンジできる機会があれば、ぜひともご紹介ください。OD出版で書いてみたい、というのが本音です。今は資金があまりないので。

このノートはいろんなネタを書くために使っています。ここに様々な自分の考えを巡らせた跡があります。これも何かを書くためには必需品です。一新塾に通い始めた約1年前にこの色違いのノートを使い始めてから気にいって使ってます。様々なネタをこうしておこしておく。そして、このブログや他に書いていたブログで書き溜めたものを出していく。それが出版のヒントになるのかもしれません。

最近はこうして未来を見てやるのが楽しくなってきましたよ。無理を必要以上にはしませんが、「どんどんチャレンジ!」です。

感謝感謝~地元のみらいづくりのための足元をつくる~

今日は手短にします。

今までいろんなことがあったけど、今日ほど有難いと思ったことはなかったです。新しい門出を迎えるにあたって、今の会社とも引き続き外側からサポートをさせていただくことになりそうです。有難い・・・

もちろん、それに安住するつもりはありません。私は地域の方々に対しての人材育成や生活支援をやっていくのが主要な事業として位置付けています。しかし、地元の方々へ貢献していくためには、いろんなつながりを各地に持ちながら、地元に還元できるようにしていきたい思いはあります。

ですので、独立後は日本各地どこへもまいりますので、是非お声がけください!人材育成や組織内のコミュニケーションでお悩みの方々、あるいは営業の力を伸ばしたいとお考えの方々が中心になるかと思います。

都内のあるビルのロビー。こうしたクリスマスツリーが都内のオフィスビルのあちこちになりますね。いよいよ12月も射程に見えた11月最後の週の始まり。感謝感謝のスタートです。

戦いで生き残るために~ランチェスター戦略が参考になる!~

今日はとてもいい天気。きっと富士山はきれいに見えたのでしょう。東京もとてもいい天気。お茶の水にてあるイベントのお手伝いをしてきまして、今日はあっという間に一日が過ぎた気がしています。

さて、このお茶の水の行き帰りに読んだ本が、ランチェスター戦略に関する本でした。福永雅文さんの「ランチェスター戦略 『弱者逆転』の法則」という本です。福永さんご自身もランチェスター戦略の発想で独立をされてから事業を営まれてきている話もありましたが、とてもわかりやすい話だなって思います。

まさに、自分の持っている武器をいかに磨くか。大量の物量で攻め込むことは、私のような個人でやっていく人たちには出来る事ではない。そう考えると、持っている武器の性能をよくしていく必要がありますよね。競合する方々と比較しての独自性をいかにして出していけばいいか。自分の独自性を出して、勝っていく方法を考えていくのがベストなのかなって思います。とにかく強いものをもっていれば、競合を攻略できる。そう考えますと、どんな強力な武器を持つかなってところですね。だからといって、大量にサービス提供者がいそうな大規模市場の中では、大量の駒を用いて攻め込んでくる方たちがいるので、そこで勝ち抜くには至難の業。単独ではなく、大きな組織との連携が必要になります。

東京とは異なる地方というフィールドで勝ち抜いて、多くの方々に存在を認められるためには、ある程度広い守備範囲で戦っていく必要があると認識しております。何かあれば、この人にきいてみよう、と思われる存在になること。それが、他の専門家との差別化にはなると思います。士業資格者、他の分野の外部のコンサルタントなどとの差別化をどうするか?地方にてその地方のことを知っている存在であり、そして、様々な領域をカバーできる存在である。こうして地元の富士に溶け込んでいければなって思います。

他の方々が持っていない武器を開発し、攻撃は最大の防御につなげていければって思いますね。製造業のような優れた技術は持ち合わせていないけど、「知の優れた技術」を、差別化できるような技術をどう提供できるようにするか。個人で地域で勝ち残っていくために、戦略と戦術を立てていきます。ランチェスター戦略に出会えてよかった。ランチェスター戦略が、私の背中を押して下さったように思います。

二本立てていく!どっちも大切だから

時の流れってあっという間ですよね。本当に早い・・・気づけばもう11月の後半です。いやーうかうかしてられないですね。

今日はこのブログをお読みいただいている方のご相談を承りながら、共に何かを見出していくためのサポートをする時間。こうした時間をとっていくのはとても楽しいなって思いました。

私は、独立後、研修講師や研修の企画など、企業や組織向けの研修や人材育成体系構築などのサポートをしていきたいと思っております。もう一つは、地域の方々に向けての相談や支援業務を行っていきたいと思っております。あまりにも幅が広い?とは思われるかもしれませんが、出来ることはどんどんやっていく。それが地域に対して貢献するということにつながっていくのではないかと思っております。

特にお金や仕事に関係する問題は、人によって多岐にわたると思います。こうした問題の解決に取り組んでいくことは前からの悲願。個人に対して手厚く何かをサポートしていけることが、喜びも近くに感じられてうれしいものです。


こうしたおいしいものもいただきながら、更にパワーアップしていけるようにしていきたいものです。一人の方の相談内容というのは、一つ一つ丁寧に解きほぐしていかなければ、解決策はなかなか見えてこないもの。そのために様々な知識や知恵を動員していかなければならないですね。

そして、何よりも安全安心で取り組むようにしていく。そのあたりは職業倫理を専門家として守っていきます。

研修や人材育成に関連することと両輪でしっかりと回していけるモデルをどうつくっていくか。これから真価が問われますね。サービス内容を構築して、みらいづくりにいいスタートがきれるようにしたいですね。わくわくします!

建物の向こうに見える月。この月に向かって叫びたい!

「やってやるぜ!富士のみらいを、富士からみらいを、富士とともにつくりだせ!!」

先手の自己開示を心掛ける!

DSC_0994.jpg

いやいや、寒くなってきましたね。我が家にもハロゲンヒーターがお出ましです。このヒーターがあるだけでもずいぶん違うものです。近くでぬくぬくと温まって元気になれるんですよね。今もこのブログを書いているデスクの横にハロゲンヒーターがあります。

ところで、今日はちょっと自分の考えをお伝えしたいと思っています。

私は基本的に、いろんなことを出し惜しみしないようにしています。底が浅いと思われてしまうかもしれませんが、ある程度自分の持っているものは出来るだけ公開するようにしています。ただ、それはむやみやたらにではなく、ある程度、私との時間を確保いただける方に対してというのが条件にはなります。やはり自己開示をしなければ、相手も心を開いてくれないですよね。それは私も同じです。やはり初対面の方や、何者かわからない方と会う時は、どうしても誰だって警戒心があるものです。警戒心の内容やレベルも様々で、それがいろんな態度になって表れてきます。

ただ、直接会って話をさせてもらう時には出来るだけ自己開示をしようとしています。以前は相手の様子を見ながら、じゃー少しずつ開示していく感じではありました。しかし、最近は出来るだけ最初から開示はしていきます。そうやって多くの人に、まっすうは何者なの?っていう疑問を解消してもらいたいからです。まあ、商売下手(笑)、かもしれませんが、それでも、本当の意味で信頼し合える関係性をつくるためには、自己開示ってとても大事だと思っています。まあ、立ち位置によっては、開示を必要以上にしてはいけない場面もありますが、ただ、あまりそういう堅苦しさは好きではないし、何よりも面白く楽しく生きたいので、出来るだけまずは自分からの開示を心掛けています。

人材育成や教育、地域生活支援を行うという変な人。何者?そう言われそうですが、「地域人材育成・地域活性化コンサルタント」でいいのではないでしょうか?ということで、ローカルに生きる生き方を目指していくので、よろしくお願いいたします。

自分から開示!心がけてます。

脈はどこに?つかみにいく!

今週の仕事は全て研修や公開講座の講師。体に疲労がたまりますが、やっぱりやりがいがあるんです。やる前にはいろいろと不安もあるし、心配もいっぱいするのですが、やっぱりやっている間は楽しい。受講者の方々が真剣に考えて結論を出そうとする姿、議論しながら話をしようという姿など、本当に皆さんの姿を拝見していて、講師をさせてもらってよかったなっていつも思います。まあ、講師としての私の進め方にいろんなご意見をいただきますが、変えるべきところと変えずにぶれずにいくところ、それをうまく確認しながら、次、また次と取り組んでいくわけです。

DSC_0990.jpg

八重洲地下街のクリスマスツリー。きれいなものですね。

さて、気づけばもう11月の後半です。最近はいろんなところに可能性を求めて、自分なりにつながりをつくろうと活動をしています。年内は東京にいる時間も長いと思いますが、年明けは地元の方々とのつながりを深める機会をどんどんとりたいです。地元の方々と一緒に、地元富士のみらいをつくっていきたいという思いです。富士周辺の方々を中心に自分自身が支援できる状況になったら、そこは全力でいく。その力が地元・富士に還元されるようにする。だからこそ、私自身のスキルの向上は継続し続けていくことになります。

ですので、いろんなところに「脈」を探しにいく。この脈探しはいろんなことがありますけど、うまくいって話が繋がっていく瞬間がとってもいい。こうしてみらいの可能性をどんどん探っていきたいですね。

脈を探し、その脈からチャンスをつかんで自分の力を発揮できるようにしていきたいですね。

今夜はゆっくり休んで、明日からまたみらいの脈を探すために、スキルを高めるために、準備をしていきます!

富士で面白い、楽しい人材育成や地域生活支援を~第23回サードプレイス・ラボでエンジンが駆動~

堅苦しさよりも、真面目さよりも、面白さや楽しさを求める生き方。しかし、市のプロモーションもやられている。なんなんだかよくわかんない人。でも、よくわかんないが面白いし魅力をたくさん感じられるんですよね。

長野県塩尻市シティープロモーション課の係長、山田崇さん。今日は山田さんと、書評ブロガー徳本昌大さんの対談形式にて展開された、第23回めのサードプレイスラボ。いつもながらたくさんの発見をいただけるのですが、今日はこれから富士市に戻ってUターン起業しようと決めている私には消化しきれないくらいの宝のようなヒントをいただきました。

一言で言えば、塩尻のイノベーションセールスパーソン。そんな印象です。塩尻市を舞台にして暴れ回りながらも、楽しい人をいっぱい巻き込んで面白いことをいっぱいやる。だから塩尻なのだ!

あ、nanoda【なのだ】という塩尻で山田さんが創ったサードプレイスをもじらせてもらいました。塩尻にイノベーティブなことをガンガンやる山田さん。イノベーションセールスパーソンといったのは、とにかくファクトである数字をふんだんに使いながら、塩尻にいってみたいイメージを膨らませてくれる。これが面白いんですよ。

ワンカップを使ったキャンドルイベントをやって地元商店街の方から怒られた。

大学時代は千葉から渋谷に遠征するようなナンパ野郎さん。

でも、民間企業の優秀な方を塩尻に呼び、政策につなげるようなことをやる!

硬軟両面を持つ魅力的な山田さんと、なんかやりたい、と思える。そんなことを感じてました。

私は静岡県富士市にて来年、地域人材育成コンサルタント、ファイナンシャルプランナー、キャリアコンサルタントとして独立します。富士のみらいを創り出すために、人や組織やコミュニティの可能性を広げるためならば、教育を軸になんでもやる!そんな感じです。

今日初めて書きますが、私が個人事業としての屋号、実は、仮称ですが、

富士みらいクリエイション

とします。まさに富士のみらいを、富士市や富士山の周りのみらいを創り出す意味を込めて地域人材育成や地域生活支援に取り組む所存です。

面白いことや楽しいことを、人材育成や教育、生活支援という硬いものとどう結びつけるか。わくわくしながら思考を巡らしていると、もう始めたくなります!

いずれにしても、富士でサードプレイス的な場を創り出すために、地元の方々との繫がりは、怒られても楽しく面白くやりたいですよね。富士市からみらいを担う方々がでてくるために、事業を営みたいのですから。更なる先は社会への貢献につながる人材育成。こうした道筋を描く動機づけを今日のサードプレイスラボにてさせてもらいました!

地元の皆さんとの繫がりを持つために、当面はこうしたアウトプットを通して自分の取り組みや想いを綴ります!

サードプレイスラボの大番頭の安斎さん、今日も素敵なサードプレイスをありがとうございました!

そして、山田さん、徳本さん、ありがとうございました!

面白く楽しく、富士のみらいをつくるぞ!