ブログ

他人とは違うという前提でコミュニケーションをとる

突然ですが・・・コミュニケーションは大切です。言うまでもないですけどね。さまざまな場所で大切にされる必要があります。

遠くに出ている虹をみたときには、コミュニケーションの点で悩んでいたことがありました。ただ、他人の話をじっくりと聴いてみるとわかる事実があります。それがわかるのに、なぜ最初からうまくコミュニケーションがとれないのでしょうか?その要因としては、スキルの問題ではなく、お互いにわからないことが多いために、コミュニケーションをとろうとしてもかみあわないし、期待通りに相手も受け取らないのです。

わからないことが多い時に、ある人がよく言います。「わからないことがあったらどんどんきいてね」と。ただ、何かをきくにしても、何をどうきいたらいいのかわからないです。変なきき方をすれば、相手に悪い印象をもたれて、コミュニケーションをとるのがさらに難しくなります。「きいてね」と言った人自身が、他者を寄せ付けない、きけないような雰囲気を醸し出していると、一層コミュニケーションはとりづらくなってしまいます。

相手がどんな状況であっても、どうしてもきかなければならないという想いが強ければ、「そんなの関係ねえ!」なのかもしれません。「臆さずにききにこいよ」なのでしょう。ただ、誰もが臆さずにきけるわけではないのです。

そもそも、人はお互いに違います。自分と同じ人だと思ってはいけません。コミュニケーションをとるときも、自分と同じ人間と話しているのではないかと感じさせてしまうようなコミュニケーションのとり方をしてしまう人がいます。それでは相手とはお互いに良い関係を構築するのは難しいでしょう。自分と同じ人間とコミュニケーションをとっているとは思っていなくても、つい、自分の考えを伝えるときに言葉がきつくなったり、言葉を吐き捨てるように発したり、ひどい場合には怒鳴りつけたり。そうなってしまう人が時々いますね。

そもそも他人とは違う。これは忘れてはいけない原則です。だからこそ、お互いを尊重した伝え方やきき方が必要になるし、お互いにもっとモチベーションを高めあうようなかかわり方も必要になるのです。もっとこうすればいい、というアドバイスをしてもいいでしょうし、そこまで求めずとも、よりソフトな言い方で話をする必要もあります。コミュニケーションをとる際には求められているのだと思う必要があります。どんなに良い事を言ったとしても、どんなに正論を並べても、コミュニケーションのとり方を間違えれば相手には届きません。そのことを理解したうえでコミュニケーションをとるのは不可欠です。

自分と相手は違う。それをもう一度落とし込んだうえで、コミュニケーションをとらなければ世の中で置いてきぼりになるかもしれません。職場でも、家庭でも、地域でも、どのような場所でも、人間尊重ですね。自戒の念を込めて。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。