ブログ

新しい習慣を身につけよう!

4月、月の半分が経過しました。新年度になって新入社員研修が真っ只中ですが、新型コロナウイルス感染症の拡大が特定の地域で急速に進んでいて心配です。コロナの影響で再びテレワーク要請による出勤者7割削減が要請され始めていて、新入社員向けのマネジメントも昨年同様に離れた場所での実施が想定されます。こうした状況を踏まえてJBMコンサルタント様のコラムで、オンライン環境での新入社員向けの指導に関してのポイントを整理しましたのでよかったらこちらでご覧ください

研修によってどこまで新入社員は変化するか?1日から2日の研修で習得したことをもとに、新しい習慣を多くいっぺんに身につけるのは正直厳しいです。現在、ある中小企業で継続して半年間研修を担当させていただいていますが、この研修である若手社員が、研修で習得したことを継続して取り組んでもらい、現場でも上司から何度も指摘されたことでようやく習慣になった行動があります。

それは、メモをとる習慣です。彼を見ていて「話を聴いてすべて覚えていられるのか」と私は心配になりました。まったくメモをとらないで話を聴いていたのです。そこで、彼にはメモをとるようにと伝え、彼の上司にも同じように伝え、職場で上司から何度もご指導いただきました。彼に初めてメモをとるようにと指摘をし始めてからようやく3か月ほどかかって、職場内では他の誰よりも率先してメモをとる習慣が身についたようです。このように、何度も指摘し続けなければ、研修で習得したことは行動として定着しないのです。

特定の集中した研修期間の中で、何度も講師や先輩から注意されて、ようやく一つの行動として定着し習慣になる。自身の成長にとってのぞましいと思われる習慣が多く身につけば、きっと成果を出せる人材に近づけるはずです。メモをとる行動でも構いませんし、大きな声で笑顔であいさつするのももちろんOKです。また、一番に出勤して掃除をする行動でも構わないです。本人の成長につながるような好い習慣を確立できるように、日々繰り返して取り組んでいけるものを身につけてほしいと思います。

年度始めの4月のこの時期は、新たなキャリアを積み上げるタイミングで、新たな習慣を確立する絶好のチャンスになります。新しい知識をどんどん吸収する過程にいるからこそ、新しい習慣を身につけていけるチャンスになるのです。何もかもが新鮮な内容で、その新鮮だと思う気持ちを新鮮だと思っただけで終わらせてしまうのではなく、新たな習慣として取り込んでいけるようにしてほしいですね。

先日のお休みの日に富士川楽座で食べたソフトクリームをふと思い出しました。新鮮な白色のクリームが、自分自身にとっては大きなエネルギーになりました。おいしいソフトクリームを食べて元気になる。元気になれば、いろいろと視野を広げて多くの知識を吸収できます。知識の吸収によって新しい習慣を身につけて、新しい人材になり、新しい日常をつくっていきましょう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。