ブログ

素直さが望ましいことにつながる

私のプロフィールの中には、「信じる」というキーワードを入れています。この信じるということに至った背景には、一つ心がけていることがあります。

それは、素直に話す、素直に伝えるということです。「素直に」ですね。自分の置かれている状況を素直に話す、さらけだすことが、他人からの信用につながるのでは、ということです。かつて、私がある会社に採用されたのは、まさに素直に話したことが要因でした。つらかった経験、私のなかでは失敗したと思った経験を赤裸々に素直に話したのです。こうした経験を素直に話すことによって、私にとって良かったと思えることがもたらされたのです。

最近は、素直に話すことや伝えることが他人からの信頼を得られるのだと強く思います。素直ということは、その人に裏も表もないということでしょうし、相手が素直な人であれば、話すときも素直に本音で話せる気がします。素のままに、真っ直ぐに、という言葉の意味をとらえると、素直なことに対して好感を抱けるキーワードがそろっていますね。

かつて、私が素直に自分の置かれている状況を話したのは、「自律神経失調症」という症状が長く続いていて、まともに仕事ができなかったということです。この症状が出て、休職して一人で日中も何もせずに家で休んでいた時期がありました。当時のことを思い出してこの経験を語るのはつらいと思う瞬間もあります。今は、この経験があったからこそ、研修講師や人材育成のコンサルタント、カウンセラーとしての仕事ができていると思います。様々なことを考える人の気持ちがわかるのは、様々な立場を経験し、様々な人たちの話を聴いてきたからですね。自律神経に乱れが生じている人や、上司や部下の立場にある人、ハラスメント行為を受けた人や加害行為をした人など、様々な立場の人たちの話にしっかりと耳を傾けていきたいですね、これからも。

そして、話が戻りますがやはり「素直」であることは大切にしたい。自分の弱みもつらいと思う気持ちも、心理的に安全な状態であれば、どんどん話した方が相手にも信じてもらえますからね。いざというときには素直な人が望ましい成果を手に入れることができる。私はそう考えています。

経営者の先輩から、おいしいケーキをいただきました。妻と分け合っていただきました。うれしかったです。素直にうれしいと感じて画像に載せました。ありがとうございました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。