ブログ

まずは着手、が成果を出す秘訣

セミナー資料の作成や静岡での研修(画像は静岡駅前)、そしてプライベートでも予期しなかったことがあって、なかなかブログを書けずにいましたが、ようやく復活いたしました。再びブログの更新を継続します。宜しくお願いいたします。

いろんなことを同時にやる必要があるときや、大きなプロジェクトのような物事を動かすときというのは、まず最初に「着手」することが必要です。着手のレベルはどのようなものであってもいいのですが、まずは着手するということです。資料を準備する、表を作成する、文章を書くのであれば1行だけ書くなど、様々な「着手」です。まずは一歩めを踏み出さなければ、永遠に手つかず(未着手)になりますよ。

一歩めを踏み出すまでにも、自分の心がなかなか動かないということがあります。ただ、動かないままでいると、物事は好転しないものです。まず一歩踏み出すためには、とにかくなんでもいいから「やる」(着手する)ことです。着手のレベルは小さくてもいいので、小さい着手でもいいから着手を繰り返すことですね。着手して本格的にやり始めれば、不思議と集中力は高まってくるものです(作業興奮というそうですね)。

私は、この小さな着手を出来るだけ1日のどこかでやるようにしています。最近は、複数の研修ベンダーさんや、地域の中小企業さんからご相談をいただくことが増えており、引き合い案件が増えてきています。そうなると、まずは着手して取り掛かるようにすることが一番なんです。少しずつ取りかかるようにすれば、納期遅延を起こすことはそうそうなくなります。どうしても遅延しそうであれば、早めに連絡することです。早めに納期延長の相談をすれば、信頼関係のある相手であればわかってくれるはずです。あまりおすすめはしませんが。

納期遅延は起こさないのが一番ですが、それでも、クオリティを高くしてやりたいときには、どうしても、相手に早めに連絡します。ただ、それが出来るのは、着手しているからこそなのです。着手も何もしないで「できません」はNGですね。まだやっていなかったのかと驚かれて、相手からの信頼も失ってしまうでしょうね。

そして、時間を要するような大きな仕事の場合には、最後の総仕上げの前は一度着手していたことをやめて離れてみます。そして、改めて最終チェックをするために取り掛かりながら完成させていくと質の高いものが出来上がりますね。良い成果が得られるといっていいでしょう。

こう言い切れるのも、最初に「着手」しているからなのです。まず一歩着手して進みましょう。そうやって精度も速度もあげていくようにしましょう。納期遅延は、基本はあってはならないことですのでおすすめできません。それをなくすためにも、より早いタイミングでの着手、心がけていきましょう。成果に繋がります!

さて、いよいよ10月になりますね。コロナの情勢はまだまだ落ち着かないのでなんともいえませんが、私は私の信じる道を進むだけです!

さて、ここで一つインフォメーションさせてください。


「オンライン主催者のための場づくり&コミュニケーション力アップ講座」を開催します。この講座を開催しようと思った想いと、簡単なコミュニケーションに関するワークを通して場づくりについて考えます。これは10月から毎月1回開催する講座のプレセミナー的な位置づけです。ご参加いただけますと、ご参加いただいた方限定の特典もございます。まずは、10月4日日曜日開催の無料セミナーへご参加ください。前回、9月26日に開催し、とてもご好評をいただきました!

【日時】
10月4日(日)9時30分~10時30分(無料)
※ZOOM(オンライン)で開催します。なお、定員8名様になります。オンラインの場を楽しみたい、楽しんでもらいたい方はふるってご参加ください!お申し込みはこちらのサイトへ!

宜しくお願いいたします!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。