ブログ

組織やコミュニティの外側の人たちを巻き込む!

先日出かけた先で見たきれいな紫陽花。この時期になるとみられるきれいなお花の一つですね。

紫陽花をゆっくりと愛でる時間、とりたいですね。せわしなく走ってきた4月、そしてやや停滞した5月の終わりです。停滞と言っても、事業が停滞したのではないです。精神面での疲労がやや出たように思います。ちょっと調子を崩す日もありました。ただ、それを乗り越えられたのはやはり人とのかかわりによるものです。

現在出版の準備を進めている「自信をもって仕事で結果を出す!職場で断然伝わるコミュニケーションスキル20」の中でも触れていますが、あるコミュニティに所属していて物事が停滞した場合、そのコミュニティの外の人の応援が必要だなって思いました。

もちろん、同じ組織やコミュニティの仲間に話を聴いてもらって解決するのがベストですが、それだけで自分の気持ちが収まらないときには、その組織やコミュニティの外の仲間に話を聴いてもらったり、出会って同じ場に参集したりという行動をとるのがいいですね。サードプレイス的な存在の場所です。こうした場所の仲間の存在は、時には様々なアイデアを思い浮かべるきっかけにもなるし、心が停滞してれば意欲を再度高めるきっかけにもなりますね。会社員として、同じ会社のなかで仕事をし続けていると、時には自分の視野が狭くなっているなって感じる瞬間もありました。さまざまな知見を活かしてやる仕事であれば、やはり外側の仲間の力が大きいものです。

そして、その外側の仲間が、時には応援団としてとっても力になってくれるのも感じます。具体的な金銭支援というものだけでなく、意欲を高めるような支援とでもいうのか、メンター的なものとでもいうのか。こういう応援という縛りがあるわけではないのですが、様々なスタイルの応援によって救われる瞬間は多くあります。同じ組織やコミュニティの中ではない、外側の仲間の力があるから乗り越えられる。そう考えると、応援してもらうのは一つのスキルだと思います。他者を巻き込み、応援してもらうだけの力とでもいうのでしょうか。人を巻き込むためのリーダーシップにちかいものといえますね。

さて、現在準備を進める新刊電子書籍(オンデマンド書籍でも発売)「自信をもって仕事で結果を出す!職場で断然伝わるコミュニケーションスキル20」(ごきげんビジネス出版)は、この夏の発売に向けて準備中です。引き続き情報は発信していきます!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。