ブログ

ストレス改善チャレンジ!~自殺予防週間を前に~

午前中は所用で炎天下の空の下にいましたが、9月になってもまだまだ暑いですね。おかげで昼寝をしてしまうくらいに疲れが出た私ですが、30分眠ったら復活しました。汗が半端なく出たので、熱中症の危険もあったようにも思います。気をつけないと、です。

さて、9月10日木曜日~9月16日水曜日までは、自殺予防週間です。最近は、自殺の要因として、うつ病がほぼ半数程度となっています。特に最近は、新型コロナウイルス感染症の拡大によって、世の中の不安が例年よりも大きくなりがちで、人にストレスがかかりやすくなっていて、私も心配しています。いろんなストレスがかかり、体のあちこちに異変が出ることも想像できます。過去、自律神経失調症を発症したときのことですが、私は、耳鳴りがひどくなったり、耳の聞こえが悪くなったり、お腹が痛くなったり、といろんな症状が出ました。大丈夫でしょうか?

うつ病は、脳の機能障害とされていて、決して心が弱いからなるという病気ではありません。様々なことを考えすぎてしまう、不安になってしまうなどして、交感神経と副交感神経のバランスが乱れ、気持ちが落ち着かない日々が長く続くと、脳の機能が正常に働かなくなり、うつ病を発症する可能性が大きくなります。そうなると、心身の様々な箇所に症状が出てしまいます。そこで、ストレスがかかるような状況を防ぐことが必要になります。

現在、私は、うつ病にさせないためのアドバイザーの認定をいただいております。上の画像のチャレンジを行っている「うつ病にさせないためのコンソーシアム」さんが、このアドバイザーの認定をしているのですが、ストレス改善チャレンジと題して、うつ病予防のための方法を提唱しております。自分ももちろんそうですが、周りの大事な方々をうつ病から守ろうということです。

ストレスがかかるのを改善するためのリラックスの方法としていろいろなものがあります。その一つ、呼吸を整える、というのも大切なことです。うつ病にさせないためのコンソーシアムでは、呼吸法の体験を推奨しております。「3秒間吸って1秒間止めて、6秒間で吐く」というものです。この呼吸法を10分間行います。そうすると、ストレスの改善がされているのがわかるのです。

そして、それがはっきりとわかるようにするためには、何か客観的な数値を測定するものが必要となるでしょう。それが、「ストレス測定アプリ」です。上の画像にある「1.ストレスを測定」のところのQRコードを読み取っていただきますと、そのアプリについて案内があります。こうして、自分でわかるようにしておくと、その効果も実感できるのではないでしょうか。ちなみに、私もスマホにこの「COCOLOLO(ココロ炉」)」というアプリを入れております(厚生労働省の「接触確認アプリ」と名前が似ていますが異なります)。

交感神経と副交感神経がバランスよく働き、自律神経のバランスを整えることで、ストレスの軽減につながります。そのためにおこなう呼吸法は良いやり方で、医学的にも立証されているものです。ですので、「3秒吸う→1秒止める→6秒吐く」を10分間、まずはやってみてください(ただし無理は禁物!)。上の画像の中に私の写真もありますように、私も、この活動の実践者です。過去に自律神経失調症患った経験から、一人一人のストレス軽減のために活動をしてまいります。

そして、心理専門職の方々や、医療福祉職の方々にお薦めなのが、「うつ病にさせないためのアドバイザー」です。おそらく、富士には私ともう一人いるかいないか、というくらいに、まだまだ数の少ないアドバイザーの一人です。うつ病は心の弱い人がなる病気ではありません。先述したように、脳の機能に障害が生じたときに起こるもので誰にでもなりえます。うつ病を発症してしまったときの、様々な被害は計り知れません。周囲の理解もまだまだで、うつ病になったことが原因で経済的に厳しくなってしまう方もまだまだいます。

ただ、このアドバイザーになるための学びなどで正しい知識を学ぶことで、「心の弱い人がうつ病になってしまう」といったような、うつ病への誤解はなくなっていくと信じています。企業等で進める必要のあるメンタルヘルス対策や、うつ病から自分を守るためのセルフケア、そして、色彩心理を用いた心理的な安全性を高める方法などを学ぶことができます。

うつ病にさせないためのアドバイザーとしての学びと、そして啓蒙活動を通して、周囲の方々が思わぬ誤解で苦しまないように。また、呼吸法などの実践で、うつ病から自分を守るためのストレス軽減法をとりいれてもらえるように。そんな想いで私は本コンソーシアムの取り組みに共感し、うつ病にならないようにするためにこのように発信をさせていただいております。ぜひ「うつ病にさせないためのアドバイザー」にも、関心を寄せていただけますと幸いです。

うつ病にさせないためのコンソーシアムでは、来週10日からの自殺予防週間を前にストレス改善チャレンジと題して行っておりますので、ご興味ある方は、「うつ病にさせないためのコンソーシアム」ページをご覧ください。また、画像の内容が掲載されたチラシをご希望の方は、同じくコンソーシアムまでお願いいたします。

うつ病にさせないためのコンソーシアムは、こちらのページです。

もう苦しむ方を見たくないです。なにか苦しくなった人が周りにいたら、ストレス抱えていそうな方を見たら、アドバイザーの私に一声かけてくださいね!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。