ブログ

新たに行動方針をつくります!

3月31日。令和2年度の年度末を迎えました。年度末をまたぎ明日からは新しい年度が始まります。私は、社会人として23年目を迎えます。合同会社富士みらいクリエイションは2月末で決算のためすでに新年度に入っております。3月から第3期となりました。

弊社は、主に地域の中小企業や、オンラインでの研修を受講される全国の企業の方々に向けてワークショップ型の研修を行う事業と、キャリアコンサルティングやワークショップなどで、個人や組織、地域の未来の課題解決を支援するキャリア支援の事業の2本立てて経営しております。

ワークショップ型研修に関してはオーダーメイド型で、様々な人材育成上の課題を丁寧に聴いて、その企業独自の人材育成研修プログラムをつくって実践するのを主に取り組んでいます。令和2年度はこのスタイルで研修を企画し、実践をさせていただきました。組織の中の空気が良くなった、社員の姿勢や行動が変化したなどの声をいただきました。

また、キャリア支援では、個人の方々の職場の人間関係や仕事、転職などにかかわるお悩みをうかがい、課題解決に向けて一緒に取り組むようにしています。一人一人の悩みや課題に丁寧にかかわるのを心がけ、積極的に解決策を示すようにしています。

私が取り組んでいることは、まだまだ地域や社会に浸透しきれていないため、力不足、勉強不足の面があるのかもしれません。そのあたりは周りの見方もありますので真摯に受け止めます。人材育成業界16年の経験や、講師登壇の経験、営業コンサルティングやマネジメントの経験、職場での自律神経失調症を克服してきた経験など、様々な経験を一つの武器にしてプログラムを構築し、学びを楽しくできるとともに、仕事で結果を出せることを考えておこなっています。仕事で結果が出るような、役立てるようなものでなければ単なる勉強になってしまいます。勉強のための研修ではありません。むしろ勉強のための研修は私は嫌いです。

人や、組織、コミュニティの無限の可能性を拡げていくためにも、自分を信じて周りを信じて、職場をつくって成長に貢献していくのが私のやっていくことです。そのためには勉強をしようというのはちょっと違う気がします。勉強よりも、活きる学びが必要だと考えます。

この4月、企業理念をもとにして行動方針を明文化することにしました。「信じることを使命に」という一つの使命に基づいて、新たに行動方針を考えて明文化します。現在の行動指針は、起業前につくったものでどうも形ばかりのものになりつつあるため、この2年間の経験を活かし、新たなジャンプアップに向けて見直していきます。

自分に誇りをもつ、自信をもつ。その気持ちが周りの人たちを幸せにして成長につながっていくように思います。一つひとつ丁寧に研修プログラムを組み立て、長期的に基盤をつくるコンサルティングプログラムを設計するなどして、これからも取り組んでいく所存です。

そして、無理無謀なことや、かかわる人たちとお互いを苦しめあってしまうようなことはしません。売り上げを追うがあまり、自分に無理無謀なことをやるのは避けていきます。自分の首を絞めるような苦しみを与える行為はやる必要はありません。地域や家族、顧客の方々を守っていくためにも、より力強く自信をもって進む新年度にしていきます。いろいろと葛藤することも正直ありますが、その葛藤を乗り越えて、自分を信じて、成果をあげていきます。

令和2年度の年度末は、子どもたちがいる探求型学習塾で遊んできました。子どもたちのパワーに圧倒されながらも、楽しく、いっぱい笑った3時間になりました。細かいことは気にしないでいろんな葛藤を笑いで吹っ飛ばす。子どもたちの力が今の私にとってはエネルギーになります。こうした未来の子どもたちが、地域で活き活きと成長できるようにするためのキャリア教育。これは来年度、地域の中でも私が力を入れて取り組む内容の一つです。

7つの習慣をベースにしたゲームで遊んだ時間を自分の糧にし、エネルギーにして、明日からの世の中の新年度スタートしていきます!弊社も4月で2周年を迎えます!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。