ブログ

まずはやってみる、からわかる!~己書とclubhouse~

ここのところ3か月連続で参加している己書(おのれしょ)。私よりも妻がはまっている感じはありますが(笑)、月1回の己書の時間は自分の心を整えるのにとてもいい時間になっています。心理的に安全な場所を、お仕事でお世話になっている方や小学校のときの幼馴染でもある己書の先生が担保してくれてますし、妻は妻で地域のイベントに参加できているのに喜びを感じている。こうした安心感や喜びがあるからこそ、お互いに「いい時間」を受け取れていることにに変わりないですね。

己書の時間は、日々の私の時間の使い方からしてみたら特殊です。まず仕事では書かないですからね。ただ、この特殊な時間があるから自分を保っていられます。様々な雑念を忘れ去って、まさに、己の字を書くのに没頭できるからです。字を書きながら心の安定や落ち着きが取り戻せます。そして、いつも己書の講座のときににぎやかに他のことで遊んでいる、他の参加者の方の子どもたちも楽しそうです。己の字を自分で見つけて、その字を書くのに気持ちを集中させる。成果になったのがまさに冒頭の画像なのです。うまいか下手かは関係なく、細かな決まりごともないので気ままに書く。心の良いメンテナンスにもなってますね。

そして、もう一つ、昨晩はclubhouseのモデレーターに初めて挑戦しました。まさかの初挑戦を公言してやってみましたが、思っていた以上に多くの方が来てくださり、いい経験になりました。なかには、android携帯ユーザーさんで参加したかった方もいて、申し訳ないくらいでしたが・・・ちょっとグデグデになってしまった感もありましたが、私以上に慣れている参加者の方々に助けられた一面もありました。今度はもう少しお題を決めて話した方がよさそうです。少し収拾がつくかどうか心配になってしまいましてねぇ~。でも、楽しかったことは楽しかったのでまたやります。ということで、3月13日土曜の夜遅い時間に再びお部屋を開きます。きっかけは作った方がいいですから。ぜひお時間ご都合のつく方はきてください。

ただ、clubhouseはあまりやりすぎないようにしています。やりすぎてしまうと、かえって時間を浪費してしまい、他の大切な時間を失います。十分に注意しないといけません。

このように己書もclubhouseも、やってみなければ、生々しく感じたことを語れませんよね。うまくいったとか、どうもざわついたとか、心の動きを後でたどっていくと発見が後から出てくるのです。やってみるからわかることはほんとうに多い!己書とclubhouseは今後も定期的に続けていきますが、しょっちゅうやることはせずに、間をあけながら少しずつ慣れていきます。clubhouseのモデレーターとしての活動を中心に続けますが、ガツガツしないでのんびりと自分のペースで進めていこうと思います。ガツガツしている人とは逆に合わないですね。

期間はどうであれ、テーマも何であれ、やはりポイントは「やってみる」ですね。やってみる!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。