ブログ

環境変化を予測してできることは?

新型コロナウイルスがまだまだ感染が広がっている中でも、中小企業の方々はとにかくたくましく突き進んでいます。昨日、久々に開催された中小企業家同友会の支部例会にオンラインで参加してみてそのように感じました。私の周りの方々には、たくましく突き進んでいる方々が多い印象です。自分たちが描く方向性を明確にしている方々は、これからも生き残っていくのではないかと思っています。

たとえば、何かふだんは違う商材を扱っていても、新型コロナウイルスの感染拡大防止に寄与できるものがあれば、それを今までとは違った用途を紹介することによって取り扱ってみる。それにより、顧客層が変わる可能性がありますし、新しい商材として価値提供できるチャンスも生まれるのではないでしょうか。どうしても不安になってしまうと視野が狭くなりがちですが、より視野を広げて、世の中に貢献できることはなにかを考えてみると、新しい可能性が生まれてくるように思います。

私の周囲の研修講師の方々にも、同じようなことがいえるように思います。今までは同じ空間に顔を突き合わせておこなう対面型の研修が当たり前でしたが、これからは、テレワークやリモートワーク活用者に対しても、どこにいても受講できるオンライン対応型の研修も増えてくると思います。両方を併用しながら、社員の人材育成に取り組む方向性を打ち出す企業が標準になるでしょう。それに対応し、私を始めとした研修講師の方々も、オンラインで研修を行えるように対応する方々が増えてきています。対面型とオンライン型に、研修の性格が大きく変わることはありませんが、前に書かせていただいたコラムにあるように、より丁寧で正確なコミュニケーションをとることが求められるのです。 そこをおさえていれば、何かが変化したところで何も変わらないでしょう。

こうしたコミュニケーション上の工夫をとりいれていけば、対面でもオンラインでもやることは基本的に変わらないのです。対面では今までそんなに注意しなくても、オンラインでは十分に注意してやらなければならない。これが対面とオンラインの大きな違いであると私は思っています。たとえば、コミュニケーションをとるにしても、「誰に対して何をどのようにしてもらうのかをはっきりと伝える」こと、「にこやかな表情で相手に心理的な安心感を与える」こと。こうした地道なコミュニケーションのとり方が、対面でもオンラインでも必要になりますよね。このように発想してできるかどうかで、研修講師としての真価が問われるように思います。

ちょっと話が逸れましたが、いずれにしても、世の中の情勢が変わっていくことによって、変わるべきところは変えていく。それによって新しい取り組みによって成長を実感できる自分自身(自社)を発見できるように思います。

先日、私は、あるセミナーで「世の中のマクロの環境に対応して行動していく必要性」に言及しました。マクロの環境とは、まさに新型コロナウイルス感染症拡大に代表されるような、世の中に影響を及ぼす変化のことです。こうした変化に対応して行動できるかどうかでこれから生き残れるでしょうし、それも「問題発生型の対応」ではなく、「問題予測型の対応」によって新たなビジネスチャンスもあるかもしれません。コロナによってどんな影響が起こるかを予測したうえで行動する必要があるということです。問題予測型の対応を意識して、これからどんなことができるかですね。

私も、これからの環境変化を予測して、今取り組んでいることがどこまでできるかをよく検討しています。働き方改革に様々な影響がこれから出てくる社員の心の問題、そして、業務の見直しにもからむ会議運営の問題、そして、資金が確保できたうえで人材育成や販路開拓をどう進めるかの問題、などをさらに突き詰めていきます。いろんなことにつながるのですが、すべては、「働く場所が楽しく面白い場所として感じ、幸せを実感できるために!」です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。