ブログ

プロフェッショナルから学ぶ~フィンランドのトップファシリテーターからの学び~

昨夜、私が昨年春まで住んでいた東京では、「東京アラート」が発動されました。午後11時頃から、レインボーブリッジや都庁が赤くなっていてちょっと不気味でした。まだまだ新型コロナウイルス、油断するなってことですね。自分なりの防衛策をとっていくこと、引き続き求められますね。過度にならないように、ではありますけど。

さて、昨夜はオンラインファシリテーションについて、フィンランドのファシリテーターの方から学ぶ機会がありました。日本以外の方から学ぶ機会が今までそんなになかったので、とても新鮮でした。

多くいるファシリテーターの中でも、世界でも有数のプロフェッショナルの方の話となるととてもわかりやすいのです。難しいことは一切言わないでシンプルな言葉で話をされる内容がすっと入ってきます。一流と呼ばれる人たちの特徴なのでしょうか、とても話がわかりやすいし、ある意味正攻法のような学びを促して下さいます。

教え方がわかりやすい人というのは、今回の件で大きく2つの特徴があると感じました。一つは、何度も書きますがとにかくわかりやすい。メッセージがシンプルで、誰にでもわかるような言葉に置き換えて、誰もが陥るような状況を想像させてくれます。昨日はオンラインファシリテーションの話でしたが、オンラインで起こりうる問題としては、やはり通信に関してのことです。通信でありうる事態をしてくださったので、身近に感じてわかりやすいという印象を持てますね。

そして、もう一つは筋道が立てられているという点です。おそらく、知識があるからできることではないでしょう。知識を自分なりに落とし込んだうえで、順序立てて話が展開されるため、とてもわかりやすい。また、昨日のファシリテーターは何度か「prepare(準備)」が大事と話をしていました。まさにこの準備が入念にされていてシナリオを組み立てているので、話がつながるのです。そのように聴き手が話がつながって理解できるような、学びのプロセスをつくっているのが、とてもわかりやすかったですね。行き当たりばったりだと感じさせない点が集中して学べるようにさせてくれます。

わかりやすさと筋道立てられているという、この2つのポイントをおさえているからこそ、理解が素早く促進されていくように思います。ファシリテーター分野のプロフェッショナルからの話がストンと落ちる瞬間って快感でした。

思えば、どの分野においても精通し極められた方の話は、非常にわかりやすいです。同じように感じるのが、昨年、多くの事を学ばせていただいた「楽習チームビルディング」の著者の藤咲徳朗先生です。藤咲先生のお話も、体感した後で、その背景が落とし込まれる流れになっていてわかりやすいのです。人として大切なことも何度も繰り返し話してくださる。同じような特徴を感じましたね。

安心かつ安全に学べる環境を自然につくれるのもプロのファシリテーターならではですね。わかりやすさと筋道立てられているのに加え、安心かつ安全な学びの環境ができあがるのもプロの紡ぎだす場の特徴ですね。オンラインでも恐れずにファシリテーションが出来るようになる環境がしっかりと整っている。非常に魅力を感じました。

世界のトップファシリテーターのPePe氏。彼の教えは、日本のコンサルティング会社(サクセスポイント株式会社)が主催するコースで学べます。ご参考までに!

今日はこんな空ですが・・・どんな学びが得られるか?どんな成長を実感し仕事に活かせるのか?探求の旅はみらいづくりには欠かせないですね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。