「人は城・・・」を最後までかみしめる

人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり

これ、戦国の武将武田信玄が残した名言です。城を強くしたところで、結局は人の心が離れてしまっては国を治めることはかないません。人がいかに大切であるか。人の心を理解し、情を持って接すること。そうすれば、人は国を守ってくれる。ただ、大事にしないで、裏切るような振る舞いをすれば、仇と思って敵になってむかってくる。結局は人が一番大事なのだということなのです。

人を大切にしています。人材が宝です。と言っている割には平気で人を傷つけ、人の心を踏みにじるようなマネジメントをする方々もいる。そういうのが横行していけば、いわゆるブラックな企業としてみなされますね。なんであれ、組織や集団においては、人の心に目を向け、気を配ってあげる必要が、それぞれの立場であるというわけです。

今日、その言葉をかみしめられたのは、私が尊敬する人材育成のプロフェッショナルの先輩に出会い、お話を聴けたからです。どんな組織であれ、結局は人を大切にしていかなければ成長はない。仮に業績がどんどん伸びていたとしても、あるいはその逆で苦しい状況にあったとしても、人の心を踏みにじるような発言で組織をかき乱すような君主がいれば、そんな組織は崩壊していきます。どんな状況であれ、人の心には気を配ってあげられるかどうかなんです。特に企業においては、そういうことを反映させたような行動の指針があるというところもあるでしょう。ただ、それが単なるお題目になっていては、いつかは仇になって向かってくるということになりますね。

忙しくなって余裕を失う状況であっても、人の上に立つ者は、人の心の動きに気を配って組織運営をしていく必要があるのです。お金の管理ばかりをするのではなく、人の心に着目をすることが求められているのです。それを忘れてはいけない。

DSC_0575.jpg

おいしいデザートを食べて元気を出す。これも人の心のメンテナンスの一つです。報奨を出すわけではないのですが、こういう心遣いをしてくれるような人が組織の上に立てば、きっと暑い最中に活動をしている組織のメンバーたちからも慕われるのではないでしょうか。

人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり

改めてかみしめていきましょう。人が宝なんですから。心を大切に見ていきましょう。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中