ブログ

経験が活きる

うん、やはり「キャリア」にかかわることは面白いですね。今日は、キャリアコンサルティングと傾聴セミナーの2本立てでした。梅雨特有の蒸し暑さの中で、久々に対面で企業を訪問してのキャリコンをやりまして、人のお話を聴くのは楽しいものだと改めて感じます。

そして、夜はオンラインの傾聴セミナー。静岡キャリア形成サポートセンターのご縁をいただきまして、同セミナー主催のセミナーで登壇しました。8名の方にご参加いただきまして、傾聴のさわりの部分を一緒に学ぶ時間をとらせていただきました。意欲や問題意識の高い方々と話ができてよかったです。

新刊を出して以降、外部セミナーではPRさせてもらっています。堂々とPRできる本があるのはとてもありがたいことです。おかげさまで、「職場で断然伝わるコミュニケーションスキル20」も、ご好評いただいてます。

この本にかかわるセミナーをやっても面白いと、ビジネスパートナーの方からアドバイスをいただきました。4種類にわけてのスキルに関係するセミナーです。こういう今後の情報発信の機会が考えられるのも本のおかげです。

今日の2つの仕事は、過去の経験が十分に生きたと思っています。キャリアコンサルティングを行う意義であるとか、キャリアコンサルティングの期待効果とか、人材開発とか、主に人事目線でも話せる内容があったので心にやる気がみなぎったのではないかと思います。今まで、こうした分野でやってきた経験を十分に活かせるのが、私にとってはやる気をみなぎらせる一つのポイントになるわけですね。ジョブ・カードを用いたキャリコンも傾聴も、今まで私がキャリアをテーマにした素材にかかわってきたからこそ得られた賜物です。最初は十分に他者に伝えられるだけの内容ではなかったのですが、それが今は進化して伝えられるものになりました。こうした過去の経験は、いろんな場面で本当に生きてきます。どんな経験が生きるかまだまだ未知数なので、見方によっては大したことをしていないようにも思うのですが、それが光輝くようなものになる瞬間があるのかなと思います。

今回書いた本についても、良い経験も嫌な経験も積み重ねたからこそ書けた一つの財産だと思います。自分自身を実験台にしているというか、モルモットにしているのか、いろんな材料にしているんですよね。向き合うこと自体辛いものであっても、自分の本の中に組み込ませていますからね。本の中に組み込ませているということは、まさに分身のようなものです。

自分の仕事と家族の幸せに情熱を注ぎ、そのことを第一義にしていくのがベスト。今の私のキャリアの計画はまさにそこにあります。起業して2年経過しましたが、ビジネスパートナーの方々からご相談をいただく機会が増えてきており、それがモチベーションを高めるきっかけになっています。仕事と家族の幸せを一番に!

今日は七夕でしたね。仕事でこれからも楽しくやって結果が出るように、家族が幸せでいられるように。心からそう祈りたいと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。