ブログ

さまざまな形態の研修にかかわるのが面白い!

再び新型コロナ感染が拡大してきていますが、こうした状況下で、研修は対面型ととともにオンライン型でおこなうことも一般化してきました。今日は、私も自分の事務所からオンライン研修を配信いたしました。

こちらは、ZOOMのブレイクアウトセッションの最中の画像です。私の写真をカメラオフ状態のときには出るように設定してあります。この後、他のブレイクアウトルームへ移動して、受講者の方々の実習の様子に耳を傾けました。

オンライン研修は、テーマが会議ファシリテーションということもあり、ブレイクアウトセッションをつかって、実習を多くとりいれました。こうした取り組みは、受講者からするとちょっと大変という状況もあるかもしれませんが、ニューノーマルと呼ばれるなかでは、この研修スタイルも一般化してくるのではないでしょうか。そして、ファシリテーション力も、オンラインの場面でも求められてくるとなれば、こうした研修も増えるとの手ごたえはあります。

オンラインでの研修、オンラインでのセミナー、そしてオンラインでの会議。コロナ禍になってオンラインの場が再び増えてきました。そして、再びコロナの拡大し始めている現在、特に都市部の企業においては、オンライン研修を多く実施していくことになりそうな気配です。そうすると、都市部の顧客に対しては、こうした研修も来年に向けてはさらに増えてくるとにらんでいます。

一方で、対面でおこなう研修は、静岡県の会社の方々が多くなっています。少人数でも思考をめぐらせ、アウトプットを出していくようなワークショップ型の研修によって、学びの機会を設けるようにしています。もちろん、最近とりいれているオーダーメイド型の研修やコンサルティングにおいては、お客様の声をしっかりときいたうえで、そのプログラム内容を創り上げる新しいスタイルで取り組んでいます。

オンライン、対面と日々さまざまな研修の形に挑み続けるのはとても楽しいですね。決して頻繁にやっているとはまだまだ言い難いですが、将来、引っ張りだこになれるように、高い志は持ち続けてやっていこうと思います。そして、その根っこにあるのは「使命(ミッション)」です。自分も他人も一人一人を見て信じるということです。この使命をもとに、人材育成にコロナ禍であっても止めずにやっていけるような支援をし続けていきます。もっと早く会いたかった人と言われるように。

明日は対面型セミナー、その次は対面型研修、オンライン研修、オンライン会議など、様々な形での業務が続きます。やはり人材育成に関わる業務は面白いです。その面白さに触れられるから、また自分や他人を信じる力がどんどん高まるのです。

研修の合間、今月は執筆や監修の業務も請け負っているので、一つ一つを面白がりながらコロナ禍を越えていきます。企業の理念同様に人の可能性を拡げながら挑戦し続けていきます!

火曜日には中小企業経営者の方々との話し合いの場に参加。こちらもオンラインでした。ここではまだまだこれからですが、いつも同友会の場ではいい刺激をいただきます。自分の会社のあり方を改めて考えさせられる真剣な場に飛び込める機会をいただけているのが有難いですね。こうした刺激もいただきながら、明日も「GO!」ですね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。