自他をリスペクトしあえる場に行く!

日中から夜にかけて、私の気持ちのバイオリズムは思い切り上がりました。多分ですが、一つのキーワードが左右したと思っています。

リスペクト

この言葉です。

ある組織においては、特に会社組織については、業績が悪くなると、悪いことばかりを突き詰めて、場当たり的な解決策らしいことをしようとします。そうなると人の心なんてつゆ知らず、人の気持ちを踏みにじる言動や行動が目立つようになります。そこには、リスペクトなんてものは皆無。ある方の持っている貴重な強みなんてどこへやら、否定に走り始めるんです。

一方で、雇う雇われる関係のない、志で熱くつながったつながりは、いつまでも周りをリスペクトしています。相手を心から信頼し、自分もその中にいて楽しくなる。自他をリスペクトしあえている状況が創り出されています。だからこそ、互いを開示した人同士は共に向き合えるんです。

社会を変える、仕組みをつくる。そこにムーブメントが起こる。その根底には互いをリスペクトしあえている素敵な関係性があるのではないかと。だからどんなに成果が出ないときでも、互いに助け合える。志の強さが強ければ、辛いときでも山を超えていけるんです。

今日は、互いをリスペクトしあえている場所は、きっと見つけることが出来るのだと感じました。今は互いをリスペクトしあえていない組織にいるからこそ、そういう気持ちが強い。互いをリスペクトしあえている場所に飛び込んでいくスピードを速くして、無駄な時間を浪費することを防ぐ準備をしていきます。

東京タワー近くの一新塾で、今日も今を生きる知恵を見つけられた気がします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中