ストレスの充満した体には注意!

今日はお休みで久々にメンテナンスをしに行ってきました。機械ではありません。私の体のメンテナンスです。

DSC_0603.jpg

こういうところにあるのですが、わかりますでしょうか?いかにも都会の中にある居酒屋横丁的な場所。行ってみれば夜の盛り場です。いかがわしいお店も多くあるのですが、そんなところに一体何があるのかというと、鍼と整体の治療院があるんですよ。ちょっとわかりづらくて入りづらいのですが、それがある意味、密かな感じでいいんですよね。

実はこの治療院は完全な紹介による予約制。基本は、一見さんや新規はお断り。誰かの紹介がなければいけないというところです。この治療院の先生にはずいぶんお世話になっておりました。何が良いかって、腕はもちろんいいんですけど、人の心の部分にまで触れて下さるところです。ですので、話が早い。どこが痛いかを伝えると、過去にも何度も診てくださってますので、大体わかってくださってあちこち押しながら施術してくださるのです。不思議なことに変な力が抜けていって、楽になるのが、この先生の治療のいいところですね。

結局は、どこかを痛めたという外的な要因というか、外科的な発想ではない。心理的なところの作用が大きいと思っております。いらぬストレスが、組織で仕事をしているとかかってくるので、そのせいであちこちの筋肉が収縮してしまい、痛みを伴うような状況になるのです。腰だけでなく、大腿部、足首、首のあたりなど、痛みの出る個所が連鎖的に生じていて、それもおそらくは心理的なストレスが作用しているということなのです。

この激しい暑さもありますが、今は組織への不満が渦巻いているので、その心理的な影響も体の痛みになってあちこち出てきているのは間違いないでしょうね。知らず知らずにストレスがどんどん体内に充満しているようなイメージですね。だからこそ、体をほぐしてもらい、鍼をうってもらうことで、毒素を抜くかのごとく、渦巻いているものを放出するのがいい、ということになるわけですね。毒素を抜いて体を楽にする。何か気が抜けていくのを感じながら施術を受けておりました。

ストレスは体に充満し、あちこちに痛みを発生させるのです。知らず知らずにあちこちが痛くなったら心身のメンテナンスのサインです。かつて、耳鳴りがひどくなったこともあります。鼻水がとまらなくなるのはよくありますしね。自分の体のサインに敏感になり、早めに対処して、暑さ以外のところでむやみに苦しむことのないようにしていきましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中