新入社員指導に必要な「意味を伝える」こと

4月になり、新入社員に疲れの出てくる時期です。疲れてはいますが、確実に成長も見せ始めていますよね。

一方で、こんな話もよくあります。

「厳しく指導をしたところ、急に出社しなくなった」出社しなくなったのみならず、急に退職したという社員も出てくることもあるようです。そうなりますと、当該新入社員の「ストレス耐性の弱さだけ」を理由に、何も対処しなくなるというケースも多いのです。

ストレス耐性の弱さがあるのは一つの理由だと思います。でも、本当にそれだけで片付けていいのか。指導の仕方、ものの言い方など、トータルに指導の場面も振り返ってみる必要があるわけです。厳しく指導した時に何か指導方法に問題はなかったか。何かを「言った(叱った)」というそのシーンだけに着目されがちですが、その言動の部分だけを切り取って判断してはいけません。その言動に至るまでの一つ一つの状況を振り返って、今後の指導にいかす必要はあります。

AL205_white220140830183704_TP_V

たとえば、「メモをとる」という事を指導するとします。「新入社員はまず先輩に教わったことはメモをとりなさい」、ということしか指導されないと、「なぜメモをとるのか」が欠け落ちており、メモをとらないことになる場合も出てくるでしょう。備忘録的な位置づけもありますし、話の相手に「聴いている」という証を示す意味もありますし、メモをもとに別の仕事に生かすなどの「ネタ帳」的な位置づけにもなるのです。「メモをとる」という事を一つ指導するにしても、いろんな意味があり、こうした意味を伝えることで、新入社員に納得性をもって伝えてあげることは必要です。

「昔はそんなこと言われなくてもできたよ」と反論する方もいるでしょうけど、昔と今は違うということをわかる必要はあります。昔は、「いいからメモをとれって言ってんだろ!」って先輩が語気を荒げて指導をしても、「そういうもんだ」「先輩の言うことには絶対だから逆らえない」という想いがあったから、新入社員に詳しく物事の意味まで伝える必要があるのかと思われるかもしれません。昔の価値観を、何か科学的な根拠を示して納得させようとしたところで、その科学的な根拠で納得できる新入社員がどれだけいることか。一人一人の特徴など、様々な状況を抑えて、画一的な指導ではなく、個々を見てあげないといかんですよね。

新入社員はそろそろ現場配属されて、OJTが始まる職場も出てきます。一度集合研修で人事や人材開発部門が主導で研修をやったとしても、今一度、現場では物事を伝えるときに、その「意味」を出来るだけ丁寧に伝えてあげましょう。意味でも伝わらなければ、例えばスキルの習得の場合には、自分が見本を見せてその意味を伝えてもいいです。

「意味」を出来るだけ伝える。まあ、理由とか背景と言い換えてもいいでしょう。一つの事実だけを伝えて、「いいからやれ、覚えろ」はNGですよ!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中