地域活性化事業の展開に向けて~空き家問題に取り組む準備~

今日は晴天のこちらの街へ。

東京の北東部の街。北千住。すごく久々にきました。多分1月か2月以来?相変わらず賑わいある街ですね。

北千住のこの駅前のシアターのあるビルで、今日は空き家問題についての知見を得てきました。不動産法規や空き家の問題解決、解体や街のデザインに活かす空き家の活用推進など、普段の今の仕事とはまるで関わりはない?というものです。

ただ、今回の空き家問題についての学びを深めて資格認定を得ようとしたのには理由があります。

来年移住起業後に、私は地域人材育成と地域活性化の二本柱にて事業を営んでいきます。そのうちの地域活性化というのは、地域の方々の生活サポートに関するもの。地域の方々のよろず相談になりますが、ファイナンシャルプランナー、キャリアコンサルタントとして、主に生活サポートにあたります。教育、不動産、相続、資産運用などが関係すると思います。こうした事業をやっていく中で、空き家になってしまった資産をどうしようかという問題もありますよね。相続問題と絡めて相談を承る場をつくりたいと考え、空き家活用の問題に着目をしました。

空き家活用コーディネーターは、まだまだこれから役割を担っていく可能性がある専門家ではないかと思います。むしろ、専門家同士をつなげるハブ的な役割を担う。そう考えると、不動産関連業界の方や行政の方、士業などの専門家の方をつなげるような役割を担うとすれば、私には適している。そんなことを考えた次第です。

また、一新塾にて移住コンシェルジュとして活動する仲間とのかかわりも、一つきっかけになりました。新潟県湯沢町のように、かつてのリゾート地には空き家となって価格がかなり下がっても売れない不動産物件がかなりあります。こうしたことにふれたのも、今回の空き家活用コーディネーターを志向したきっかけになりましたね。

この事業に向けての投資として、相続分野にも知識の洗い直しは必要かと思っています。前からの仲間が関わりを持っている相続対策プランナーというのも一つの選択肢かも、ですね。

地域活性化事業展開に向けても、着々と準備は怠らずに進めていこうと思います。今日の講座でもありましたが、何かと何かを組み合わせて意味を新たに付加すれば、価値をつくりだせる。イノベーション的な発想です。このイノベーション的な発想で、富士のみらいづくりに繋げたいですね!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中