組織の問題についてどう思う?

今日は問題について。

問題を考えるといざ出てこないもので、問題について考えるように問われるとバイアスがかかってしまう。これはほんとにこわいなっておもいますね。きっと、組織や集団の中にいるとバイアスがかかってしまって話が出来なくなるんでしょうね。今日の研修の中で見られた一シーンです。問題について考えると言われると、なんだか遠慮気味になるんでしょうね。

問題のない人や組織はないから。だからどんどん出してしかるべし。ただ、どこかでバイアスがかかるのは、組織の特徴を反映しているのかもしれませんね。

また、全く問題がないと感じているのは危険ですよね。問題を考えるのを放棄するとでも言うのか。それではいけないでしょうね。

いやいや、ほんとに日々いろいろありますね。考えさせられることが。こうして考えさせられることを一つ一つ乗り越えていくからこそ、人は成長していくんだと思います。私の中の問題解決はこうして進んでいくのでしょう。

明日はある研修の講師を引き続き担当します。こうした組織の問題や組織の特徴などと深く向き合いながら、研修講師として共に解決していく担い手でありたいと思います。かなり型破りな挑戦の仕事ですが、次への一歩。頭をひねってがんばるぞ!

さー、京浜東北線に乗り換えてかえります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中