週明けの苦しさの自覚~未来を描いて語って楽しさに転換!~

リズムが変わる時というのは、気持ちに様々な変化があります。それを自覚しているからこそ、体にいろんな変化を感じます。頭が痛い、胃腸の調子が悪い、けだるい、気持ちが暗くなるなど。こうした変化を感じながら、週の始めを迎えることが多いのです。

こうした気持ちを持つようになったのは、正直言って、社会に出てからです。休み明けは憂鬱になるという気持ちを自覚しているのです。こうした自覚はしないのがいいのですが、一方で自覚できる自分がいることを理解していることに価値があると思っています。こうした自覚がない時には、気持ちが落ちまくって何かを我慢し続けて、心身を悪くして、会社を休むことになったのですからね、かつては。心身の異常を感じてから、何もかもを手放して、自由な行動を日中していたあのころ。正直辛い時間もあったけど、休みの時間を過ごして自分を客観的に外から見れるようになったからこそ、今があるんですね。

そして、最近、こうした気持ちを自覚する中で意識しているのは、想いをちゃんと言葉にして発する事。その発する相手も、誰でもいいわけではなく、身近に理解を示してくれる人がいるかどうか。私の場合には、妻に支えてもらっていて、最近は申し訳ないと思いつつも、自分の気持ちの落ちている時に、言葉で示すようにしています。

ただ、その時は、「辛い辛い・・・もう嫌だ・・・」などとずっとネガティブな言葉を並べるのではなく、未来の自分の姿を話して、そして、その中に妻と一緒にやっていくことを示して、未来像について語り合っています。未来を語ることが必要で、未来の自分のありたい姿を話しながら、週明けが憂鬱にならず、週明けが楽しみになるようにする。そんな気持ちになって、「ではまいります!」というふうになるわけですね。

あるいはまた、週明けの辛かった時間を過ごした時には、帰りに未来について起業後の姿について考える時間を喫茶店などでとるようにする。そうやって未来のありたい姿を描いたうえで、現実的にどう行動するかを計画立てて俯瞰できる機会を定期的に持つ。こうして2歩下がって3歩前に進むような時間を過ごしてはいますが、トータルで見れば確実に前に進んでいるんです。確実に前に進むように、ちょっとでもいいから起業後のビジネスについて考えていく。こうして、朝気持ちが落ちていた自分が再生からさらに発展へ。こうしてうまく波に乗っていきたいものですね。

1711163AMEMAN000_TP_V

秋のこうした紅葉が山間で見られる頃には、きっとまた前に進んでいるはずです。いや前に進めていくのです。自分の気持ちが週明けになるとどんどんワクワクしてくる。そんな時間を過ごせるようにしたいですね。

今日、ある方と話をしながら自分のビジョンが長期・中期・短期であるんだなっていうことが確認できました。長期ビジョンから短期ビジョンまで。そんな自分を考えたらやはりワクワクしてきます。

富士山のふもとで学びの場をつくる。学校をつくる。

超長期のビジョン実現に向けて、まずは自分の資源を活用してやれることをやっていきます!そんな設計をこれから1か月で形にしていきます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中