ワークショップデザイナーの集まり~WSD pro集結から考えることとは~

組織ではなく、フリーダムに動きたい。その気持ちはどんどん高まってきていて、どうも組織としての営業をやるという面では、以前よりも気力や意欲が低下しているのを感じております。新しい商材を創造しようとしていると、その楽しさに気持ちが高ぶり、どんどん具体化したくなります。しかし、それを妨げる動きを自分でしてしまっている。だから気持ちが乱れちゃうのかもしれません。

そんな折、今日は楽しみにしていたイベントがありました。ワークショップデザイナーが仕事を受けてそれを担うことを集約する仕組み。そこからワークショップデザイナーとしての価値をどう高めるかにつながっていければいいと思います。

私が最近もどかしく感じているのは、気軽にワークショップという言葉が使われすぎて、単純に何かを創るだけで終わることをワークショップだと定義づけている方々。ワークショップは、単に集まって何かを創ればいいというものではないと思っております。その場に介在する方々の変化、気持ちや行動、言動などの変化を促進する仕組みがワークショップではないかと思います。コミュニケーションの場づくりの専門家であるのならば、コミュニケーションをよくして、組織が成果を上げていく事に繋がっていけばいいと思っています。

ですので、このワークショップデザイナーの集まりの価値をどう高めていくか。そのためには、ワークショップを必要としている人たちの声を幅広くひろって、世の中のニーズを探るアクションは必要ではないでしょうか。そもそもなぜワークショップがいいか。

また、ワークショップの価値訴求も、どのようにしていくか、議論していく余地が十分にあると思います。一人一人の際立った個性を殺すことなく、組織としてこのワークショップデザイナー集団をどう市場に訴求するか。考えていく機会はあるといいですね。

DSC_0607.jpg

ワークショップデザイナーのこの集まり、WSD proといいます。この集まりがどう価値を市場に訴求していくのか。対話によってお互いに関係をよくして、一つの方向性を決めるのであれば、この集まりは機能していく流れに乗っかると思います。出来ることを続けていけるようにするためには。来年の起業の前段階で素晴らしいつながりを活用していきたいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中