耐え忍ぶときもある

よくないこと、マイナス的なことばかり考えていますと、視線がどんどん下向き、内向きになってしまうもの。そういうことをついついしてしまいがちなのが、ちょうど今の時期のように思います。いわゆる五月病という言葉が蔓延し、なんだかけだるい、やる気でない、などに苦しむ状況ですね。

どこかでそのよくない状況の連鎖を断ち切る必要はあります。気づいて自分で止めることが出来ればいいのですが、それが出来ないとなりますと、いつまでも五月病的な状況で苦しむことになってしまいますよね。

物事良くないことに目が行きがちになったら、意図的に考えるのを止めてみてください。静かに立ち止まり、目を閉じて深呼吸する。悪い流れをブチっと断ち切るかのごとく、止めてしまうわけです。

逆に良いことを考え始めてもよし、とにかく静かに落ち着いた状態を保つもよしです。マイナスの流れをぶつりと切るよきやり方ではありますが、無理矢理真反対に転換させようとしてもなかなかプラスの流れにはならない。思い通りにはいかないですね。

良いことを無理矢理ひねり出さずとも、まずはよくない流れに逆らって食い止めること。大丈夫、いつまでも悪いことは続きませんから。耐え忍んでいきましょう。新たなプラスの流れを迎えるために!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中