プロボノワーカー立候補に向けて

先日紹介したプロボノ

昨日はその新規支援先への登録説明会でした。

DSC_0299.jpg

全部で16の支援候補が紹介。いったいどのようなものがあるのかを模索です。上の画像にあるように、最終的には立候補するかしないかも含めて十分に検討をする機会が付与されます。2か月くらい前の一新塾のプロジェクト加入選択の時を思い出しました。

私は営業やマーケティングの経験値を少しでも役立てようと思い、今回のエントリーに参画しました。社会貢献の活動を肌で実感し、どのような形でその活動が根付くのか、それに関われる貴重なチャンスです。また、実際に社会課題解決に取り組む方々の成果の最大化へ向けても、大きな意義のある活動だと思っております。

今回支援対象としてプロジェクトが立ち上がる予定のものを拝見すると、子どもへの教育、環境、高齢者への支援、医療介護など、社会の課題解決のために意義ある活動をしている方々の取り組みが多いです。こうした活動の一つ一つが社会の変革を促すものになるのですが、ただ、その活動に力を割きすぎるがあまり、活動主体の事業運営がうまく回っていないなどということもよく聞かれます。それでは本末転倒です。せっかく意義のある取り組みをしているのであれば、取り組みをする主体が充実、幸せでなければ、社会も報われない。そんな気持ちにさせられます。顧客に貢献するためには、自分たちも幸せになる。そうありたいです。

最終的に私のスキルをどう評価いただくかはわかりません。ただ、そのスキルを活かせると思ったところには、最大限の力を発揮していきたいと思っています。専門職的なスキルをうまく活用していくことが、今後の独立起業への道を太くすることにつながっていければという気持ちです。

1週間ほど、よーく考えてみます。

※プロボノ運営主体・・・認定NPO法人「サービスグラント」さんのHP

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中